ライフアクセスでは、小さな子どもさん連れの方に対して気持ちよくサービスし、又子どもさんだけの送迎でも安心していただける『子ども安心サポータ』としての役目をはたしていきたいと思っております。

子ども安心タクシー

2010年9月、当事業所にて子ども支援サポートに関する講習会を開催しました。

講師はNPO子どもサポート和歌山県センター理事長 岡本さん、受講者はライフアクセスのケアドライバー班長7名。

お母さんの子どもを連れての移動や子どもだけを車に乗せる場合の不安や希望を実際の経験談からお聞きするとともに子育ての中での可能なサポート部分もお聞きしました。
今後も定期的に講師の方を迎え、お話をお聞きしたりまたこちらから子どもの遊びの場での実習等も経験しながら活かしていきたいと思います。
当社のタクシードライバーは、全員がホームヘルパーやガイドヘルパー及び救急救命講習やケア輸送士等の資格を有しております。
また子どもに関しての専用の研修と保育実習を受けており子育てにも精通したプロであります。
お子様の年齢に応じた対応と、必要に応じてチャイルドシートやジュニアシートその他を準備、装着して以下のサービスを基本にご利用者様に安心と安全をお届けしています。

・・・乳幼児と保護者の同乗・・・・・・・・・

1.あらかじめ、お電話予約の際にご希望等を伺い、チャイルド又はジュニアカーシート、新生児用シート等必要な装着、準備してお迎えいたします。
2.ベビーカーやお手荷物等の載せ降ろしや雨降り時の傘差しサービスはもとより、都合のよい場所までの移動のお手伝いを致します。
3.子育て情報サービス
子育て情報誌など必要な冊子やリーフレットの提供

・・・お子さんが1人で乗る・・・・・・・・・

保護者の方からご予約いただいたお子様、お1人での移動のお手伝いを致します。
保護者の方からお迎え場所、送り先をご指示いただき、お子様をお迎えにまいります。
〈利用例1〉
お父さんお母さんが急な残業で、保育所にお迎えに行けない!少し離れたところに住むおばあちゃんが、子どもを夜まで預かってくれるっていうけど、おばあちゃんは車に乗れないので迎えに行くことが出来ない!
・・・タクシー申し込み後、保護者の方から保育園に「子育てタクシーが迎えに行くこと」をお伝えいただき、迎えに行ったドライバーは身分証明等を園に提示して間違いの無いようお子さんを責任を持ってお預かりし、目的地までお届けします。
〈利用例2〉
小学低学年の子ども。学習塾へ行く時間だが、いつも送ってくれるお母さんがが急な用事で送迎できない!お休みさせたくないんだけどどうしよう。
・・・ご自宅までお迎えに伺います。ご自宅の施錠の確認、お子さまの忘れ物チェックなどの声かけもドライバーよりお子さまにしますのでご安心ください。ジュニアカーシートなどを設置しお子さんの安全を守ります。お子さんに気軽に話しかけ、一人での移動が不安にならないよう十分配慮いたします。

・・・急なトラブル・夜中の移動などの対応・・・・・・・・・

〈利用例1〉
夜中のお子さまの突然の発熱や怪我、救急車を呼ぶほどではないけれど、でも心配で眠れない。
・・・近くの夜間救急病院や当番医へご案内。保護者の急な病気や怪我の場合の病院への送迎も、お子さまが不安にならないよう配慮しながら、サービスいたします。
〈利用例2〉
突然の出来事(近親者の不幸や、ご自身の出産など)で、お子さんの学校(幼稚園・保育園)へお迎えに行けない。
・・・ドライバーが責任を持ってお迎えに伺い、保護者の指示に従い目的地へお案内いたします。

・・・料金に関して・・・・・・・・・

子どもさんとのやりとりはありません。後日請求・集金等させていただきます。また月間何度かのご利用がある場合などは月間での請求とさせていただくことも可能です。ご都合に応じての対応とさせていただきます。

・・・便利な登録制・・・・・・・・・

あらかじめご自宅や利用する行き先を記入していただき詳細をうちあわせ、こちらで入力管理いたしますので、登録が便利です。
利用の際にはお名前と行き先で可能になります。
※現在行っている送迎に 平日駅から放課後ルームまでの送迎というのがあります。
ほぼ毎日ともなりますと特に子どもさんとドライバーの相性もございますので女性ドライバーを含めて合うドライバー2~3名に限定しています。
お迎え先・時間など最初保護者様と一緒にシュミレーションいたします。
時刻の基本・変更はFAX及びメールを活用、お互いの様子が把握できる安心な状況で行っています。