ユタカ交通株式会社環境方針



当社は、深刻化する環境汚染、特に大気汚染、地球温暖化を防止するため、
環境保全活動を推進することが企業の社会的責任の一つと認識し、
旅客輸送サービスの提供という事業活動から生ずる環境負荷を低減していきます。




① 法規制を遵守し、環境保全に努めます
② エコドライブなど省エネルギー運動を推進します
③ 環境保全に関する教育、啓蒙活動を実施します
④ 廃棄物の適正処理、リサイクルを推進します
⑤ 本方針は、広く社外に公表します



1. 環境保全活動への取組みについての現状把握と課題
(グリーン経営推進チェックリストに基づく現状把握と今後の課題)
(1)環境保全のための仕組み・体制の整備
環境方針を策定し、環境保全管理者及び推進体制を定め、
従業員に対して環境関連法規制の内容を伝える活動を開始する。
そのために環境保全に関する積極的な取り組み項目を決定し、管理責任者などの役割や
責任権限の明確化をはかり、従業員に対して環境方針の徹底や環境に関する
一般的な情報を定期的に伝えて環境保全意識の向上を図るなどの取り組みを行う。
(2)エコドライブの実施
アイドリングストップの励行についてEMSを利用した実施測定を行う。その結果に基づき、
取組みを効果的に進めるための計画策定などを行い、また給油ごとの燃費実績調査を実施する。
(3)低公害車の導入
全車低排出ガス車であるLPG車であったが、昨年ハイブリッド車を2台購入したことを期に
本年度電気自動車を2台導入する。
(4)自動車の点検・整備
自動車の点検・整備の見直しを修理工場と共に実施する。
(5)廃棄物の適正処理およびリサイクルの推進
廃棄物処理と従業員への廃棄物に関する教育計画を策定し、実施する。
(6)空車走行距離の削減および効率的走行の推進
デジタル式GPS-AVMシステムを導入予定。自動は医者への移行を図り、最短距離配車を実施する。
(7)管理部門(事務所)における環境保全の推進
管理部門従業員に対する環境教育は現場従業員とともに実施し、エコマーク製品の購入、
廃棄物分別の徹底、不要照明の消灯などの計画を立てる。
2. 目標
(1)環境教育の推進
(2)燃費向上:対前年1%向上
(3)低公害車の導入 電気自動車2台導入
(4)事務所での環境保全の推進:エネルギー使用量および廃棄物排出量の把握
3. 目標達成に向けた具体的な取組み内容

(1)「環境教育の推進」に向けた具体的取組み
班長会議時に環境に関する一般情報(環境問題の世界の現状など)や燃費実績等について、
点呼を利用して継続的に情報提供、教育を行う。
(2)「燃費向上 対前年1%」に向けた具体的取組み
・給油ごとに目標達成確認
ドライバーは、給油ごとに燃費管理表に燃費、目標達成状況を記入し、運行点呼時に報告。
・月次実績の公表、個別指導の実施
目標達成率下位グループに個別指導を実施する
・アイドリングストップの徹底
運行後点呼時に運行管理者はEMSのアイドリングストップ実施状況をチェック。
・エコドライブの手引書の配布(7月)
(3)「低公害車の導入: 電気自動車2台導入」に向けた具体的取組み
上期:なし
下期:電気自動車2台
車両の内外に乗客向けステッカー貼付け
(4)「事務所での環境保全の推進」に向けた具体的取組み
ゴミの分別を再徹底し、係ごとに毎日ゴミの量を種類ごとに計測し、記録し、月次実績を
電気使用量とあわせて公表する。下期より、上期実績を踏まえた削減量の目標をたて取組む。

平成23年4月1日
ユタカ交通株式会社
環境保全責任者
代表取締役 豊田英三